リケジョの婚活あれこれ

結婚相談所での婚活の様子を綴ります

3.4.8 活動実績 内科医さん

case 8
相手:32歳 内科医 国公立大?私立大?医学部卒
場所:パレスホテル カフェ

今回ご紹介するのは、P社からお紹介頂いた方。

P社は、お見合い前には相手の名字しか教えてくれないため、名前を特定するところから。

住んでいる場所(区町村)から勤務先病院を予想し、病院と名字をキーワードに検索。

最終学歴が大学院の場合は、国立情報学研究所が提供している博士論文検索サイトで、名字と博士号取得年を頼りに検索。

この2つの方法で見つからないと、特定は難しい。



情報リテラシーが低めの方のために補足しておくと、

完全一致検索
調べたいキーワードをダブルクォーテーション「""」で囲む

マイナス検索
除外したいキーワードの前に半角のマイナス記号「-」を入れる

あいまい検索
キーワードの曖昧な部分を半角のアスタリスク「*」を入れる

という方法があるので、いろいろと試してみることをおすすめする。





今回の内科医さんは、パレスホテルまで電車で2時間半かけて来ていただきた方で、かなりの田舎にお住まいだったため、勤務先病院が特定でき、本名を特定することができた。



内科医さん「今日はありがとうございます。田舎に住んでいるので、ここから見える景色が素敵でテンションがあがります」


パレスホテルの高層階にあるカフェで、窓際の席で、皇居を見下ろすことのできるローケーションだった。

ご家族の話、学生時代の話などをしてくれて、丁寧な言葉遣いで、好感が持てた。


職場の話になった。

内科医さん「私、同性(男性)からモテるんです。この前、亡くなった男性からも、好き好きって言われてて。」


私「そうなんですね。きっと優しい雰囲気だから、患者さんの心の支えになっているのかもしれないですね」


内科医さん「上司の先生(男性)からも、いろいろと誘われてしまうんです。この前は、ちょっと遠くまで一緒に桜を観に行って。」


私「ふたりで?泊まりですか?」


内科医さん「一応、日帰りだったのですが、桜を観に行ったあとに、上司の先生にこんなことを言われました。」


上司の先生「きみを見ていると、胸が苦しくなる。あと3年は待っているからね」


内科医さん「僕もあと3年いろいろとがんばってみて、この上司の先生の気持ちに答えるか決めようと思ってます」

なんて、答えてよいかわからなかった。


結婚相談所で紹介された人なので、もちろん、パートナーとして、女性を探しているのかと思い込んでいたが、パートナーが女性か男性かまだわからないご様子。


1時間半ほど話をして、お開きにすることになった。





後日、結婚相談所のカウンセラーのおばさまから連絡があった。

カウンセラー「内科医さん、どうでしたか?」


私「パートナーに女性を選ぶか男性を選ぶか迷っているようでした」


カウンセラー「そうでしたか。もしかしたら、断る口実かもしれませんね」


私「そうかもしれませんが、結婚相談所のプロフィールにも、Facebookのように、恋愛対象を記入する欄を作るといいと思いますよ」

カウンセラーの対応に少し違和感を感じたが、
みんながHappyになれる、そんな婚活ができる世の中になってほしい
と、切に思ったお見合いだった。

3.4.7 活動実績 皮膚科医さん

case 7
相手:33歳 皮膚科医 国公立医学部卒
場所:
お見合い 新宿のホテルのラウンジ
仮交際 デート1回目 新宿駅近くのイタリアン


この方は、お見合いの時に、
「僕と結婚したら、他の人よりちょっとだけいい生活ができます。例えば、旅行に行った時にちょっといい食事ができる、そんな感じです。」
と言ってくれて、謙虚な雰囲気がいいなと思い、デートすることになった。

私は、休日を希望したが、予定がなかなか合わず、平日、仕事が終わった後に会うことになった。


デート当日は、駅で待ち合わせて、地下街のイタリアンへ。


ピザを食べながら、学生時代の話から、どんな結婚生活を送りたいかまで、いろいろと話をした。


皮膚科医さん「宗教は何かありますか?」

唐突だが、婚活でははじめの方で確認しておくべき質問である。

私「特にないです」

皮膚科医さん「それならよかったです♪宗教によっては婚前交渉が禁止されてたりするから、本当によかったです」


そうですか〜と流しておいたが、心の中ではぞっとしてしまった。宗教関係なく、婚前交渉したくない人もいますけれどもね。


話を変えようと、
私から少し踏み込んだ質問をしてみた。

私「皮膚科医さんは、今までどんな女性とお付き合いしたのですか?」

皮膚科医さん「僕的にはとてもかわいい女性でした。」

なんとも不思議な回答だったので、
私「僕的には、とは?」

皮膚科医さん「結婚を考えていたので、両親に会ってもらったことがあるのですが、ブスだねと言われ、猛反対されたんです。」

私「あら、そうだったのですね。見た目が原因で、ご両親に反対されることなんてあるんですね。その後、どうされたのですか?」

皮膚科医さん「両親と折り合いがつかず、徐々に彼女とも関係が悪くなり、別れました。」

そりゃそうでしょうね。
義両親にブスって言われながら生きていく人生なんて、悲しいですからね。


皮膚科医さんは、イケメンではなかったので、ご両親の顔もそこまで整っているとは思えないのだが、
息子の結婚相手には美人を求めるんだと思うと、ちょっと変わっているのかもしれないと思った。
反対した原因はもっと他にあったのかもしれないけれども。


平日の仕事終わりで明日もあるので、そこそこの時間で切り上げ、次回のデートの話をして別れた。


帰りの電車で、お礼のLINEが来た。

皮膚科医さん「今日もありがとうございました。なんか変な話ばかりしてしまいましたね。また良かったらお会いしましょう」

確かに宗教の話にしても、元カノの話にしても、話が変な方向に展開されていた。

私「こちらこそありがとうございました。またお会いできたら嬉しいです。」

皮膚科医さん「次、付き合う人は結婚する人って、本気で決めてるので、その気がなかったらお会いしないほうがいいのかなって思います。もし結婚前提でならお会いしましょう。」

結婚前提でデートを約束するって、不思議な感じがする。

皮膚科医さん「次回は仕事が終わった後に、僕の家の近く(都内でも都心ではない場所)で会いませんか?帰りは車で送りますよ」

私「お仕事が終わった後でお疲れのところ、車で送っていただくなんて申し訳ないです。」


はっきり言って、夜に、皮膚科医さんが運転する車になんか乗りたくないので、やんわり断ったところ、返信が途絶えた。


2.3章でご紹介したとおり、
返信が途絶えるような人は、交際終了とすべきと決めていたので、皮膚科医さんとはこれにて終了である。
なんとも呆気ない終わり方だった。

3.4.6 活動実績 内科医さん

東大理Ⅲ→医学部シリーズ、残り1名となりましたが、この方はもう少しあとで紹介したいと思います。

今回は建築好きな内科医さんです。

case6
相手:38歳 内科医 国公立医学部卒
場所:渋谷駅近くのイタリアン


この方は、知見が深い方で、私が家族の話をしても、仕事の話をしても、趣味の話をしても、なんでも楽しく語り合える、そんな方だった。

私「内科医さんの趣味はなんですか?」

内科医さん「そうですね、もともと建築に興味があって、田舎の古民家をリフォームするのが趣味です。」

私「すごいですね、ご自身でなんでもやっちゃう感じですか?」

内科医さん「いろいろと勉強しましたので、ちょっとくらいの工事は簡単にできるんです。」

私「おしゃれな感じにリフォームするのですか?お写真とか見てみたいです。」

内科医さん「それほどでもないのですが、、、」
と謙遜しつつ、iPadでいろいろと見せてくれた。


婚活している方へのアドバイスとして、コミュ力にちょっと自信ない方や短い時間の中で最大限に自分をアピールしたい方は、こういう仕込みをおすすめしたい。

iPadで写真を見ながら話をすると、何も見ないで話をするより、盛り上がれる可能性が高いし、よりリアルに伝わるものがある。


私は、料理写真をコツコツと撮りためて、インスタにアップロードしていた。

趣味について聞かれたら、すかさず料理の話に持っていき、
どんなの作るの?って聞いてくれたらこっちのもの。インスタを見せながら、(いろいろと作っているけれど)これが美味しかったです、と言いながら見せていた。


話がそれてしまったので、内科医さんの話に戻したい。


私「すごいですね、かなり本格的ですね」

内科医さん、嬉しそうだった。

私「ところで、これって、リフォームを依頼されるんですか?」

内科医さん「いいえ、自分で購入して、リフォームして、貸し出すような感じにしてます」

私「そうなのですね、いくつくらいお持ちなのですか?」

内科医さん「うーん、10件くらいかな。
そのうち、1件は、おじいさんが住み着いちゃったから、無料で貸してあげてて、ほかは空き家もありますが、基本は貸してますね。」

私「無料で貸しちゃうなんて、すごいですね」

とても興味深いお話で、あっという間に時間が過ぎていった。



内科医さんは帰り際に、
「もし、僕と結婚したら、楽器くらい買ってあげますからね。趣味を大切にしてくださいね」
と、私の趣味を応援してくれる言葉をかけてくれて、嬉しかった。



帰りの電車で、
趣味が古民家のリフォームってすごいなと感心しつつも、いい状態で維持するのも大変なんだろうな、いろいろと考えてしまった。


一般に空き家などは、老朽化が進んだり、犯罪が起きたりするので、そのままにするのはあまり推奨されていない。
では、内科医さんが所有する古民家はどうなのだろう。


内科医さんいわく、北海道や沖縄など地方で購入したものが多いと言っていた。老朽化を防ぐために定期的に点検にでも行っているのだろうかとか、
犯罪が起きたらどうするんだろうかとか、
趣味は大切にしてほしいけど、結婚後、その趣味に付き合いきれない気がしてしまった。

この話を、結婚相談所のカウンセラーのおばさまにも相談してみたが、変わった趣味を持つ人と結婚するなら覚悟が必要よとバッサリと言われた。
たしかに、おっしゃるとおりだ。


お見合いでは、話が盛り上がったし、楽しかったけれど、なんとなく気が進まなくなってしまい、次のデートはお断りしてしまった。
結婚相手を見つけるのって、本当に大変だと改めて思った。

3.4.5 活動実績 放射線医さん

東大理Ⅲ→医学部シリーズを続けたい。


case5
相手:34歳 放射線医 国公立医学部卒
場所:渋谷駅近くのイタリアン


結婚相談所から連絡先を教えてもらい、LINEでのメッセージのやりとりが始まった。
この方はとにかくLINEの返信が速かった。

いつ送っても即返信で、botなのかと思うほどだった。

事前準備として、SNSで検索をかけた。facebookInstagramtwitterが簡単に見つかった。ひと回り以上年齢が違う若い女の子とネット上でやりとりしていて、全て公開されていた。

結婚相談所の担当カウンセラーさんにも、放射線医さんってどんな感じですか?と事前ヒアリングをした。

入会したばかりであまり良くわからないけれど、少し神経質な部分があるかもしれないと教えてもらった。

担当のカウンセラーさんは、長年いろんな人を見てきているので、洞察力がある。もしかしたら間違っているかもしれないが、参考情報としては非常に役に立つ。とにかく、婚活において、担当カウンセラーさんとの相性は、とっても大切である。


お見合い当日、駅で待ち合わせた。LINEでのやり取りと違って、実際には物静かでテンポよく会話のキャッチボールができる感じではなかった。

緊張しているせいか、話をぶっちぎっていくスタイル。

例えば、

私「放射線医さんは、好きな作家はいますか?」

芸術を嗜むとのことだったので、まずはこんな質問をしてみた。私は、どんな作家が好きかでほんの少し人柄がわかるような気がしている。

放射線医さん「なんでも好きです」

それじゃ、話がつながらない…
この後も、いろんな問いかけをしてみたが、ほとんどがこの調子だった。

LINEとかtwitterでは、ペラペラと話せても、実際に会ってみると違う。人ってわからない。

食事が終わり、帰る時間が近づいてきたので、またよかったらぜひ〜と言って、別れた。
私は、もう一度ぜひ会いたいと思う方には、気持ちばかりのお礼の品を渡していたが、今回は迷った末、渡さなかった。

twitterでのつぶやきの更新率が高いので、今回のお見合いについて何かしらつぶやくのかなと思い、twitterを開いたところ、
数分前に、全然違う内容のつぶやきをtwitterで流していることを確認。切り替え早くて、思わず笑ってしまった。

もちろん、2回目のデートは実施されなかった。
次に繋がる人って少ない。落ち込むけれど、アラサーの私には、立ち止まっている暇はない。

3.4.4 活動実績 内科医大学院生さん

case4
相手:33歳 内科医(大学院生) 国公立医学部卒
場所:ペニンシュラ東京の前のカフェ(今は閉店)


前回に引き続き、東大理Ⅲ→医学部シリーズをご紹介したい。

よく考えたら、開業美容外科医さんはお会いできなかったので、カウントしないとしても、このスペックを持つ天才3名とお会いした。


東大理Ⅲは、受験生全体の上位0.01%が合格すると言われていることを考えると、こんな天才とお話できただけでもありがたい。


今回は、大学院生である。国立の研究所で、感染症の研究をされているとのこと。血液関係の感染症をテーマにしているようだ。


私「大学院生さんは、将来の夢ありますか?」


大学院生「本当は、国境なき医師団感染症の治療をするような仕事につきたいのですが、家族が反対していまして。」


私「たしかに、安全面を考えると、心配ですよね」



婚活でお会いした医師の中には、休日、当直などのバイト三昧で、単にお金がほしいだけじゃないかって考えてしまうような生活をしているお方もいた。

それに比べ、厳しい環境の中で、病気の人を助けたいというお気持ち、なんと素晴らしいのだろう。


このような志を持つ夫を、潔く送り出せる奥様ってすごいな、私には難しいんだろうなと思いながら、大学院生さんの将来の夢を聞いていた。


大学院生さん「国境なき医師団に行けないのなら、アメリカに研究留学行きたいです。だから、結婚相手には、仕事をセーブしてもらいたいし、子育ても任せたいというのが正直なところ。子どもが中学生くらいになって手がかからなくなったら、また仕事してもらえると理想です。」


10〜15年のブランクがあいても働ける仕事ってどんなのがあるのだろう。



その後、趣味の話など他愛もない話をして、お見合い終了。

きっと、私たちは向かう先が違うんだろうなと思いつつ、またよかったら〜と言って、別れた。


数日後、結婚相談所を通して、「ご縁がないように思いました」との連絡が届いた。


自分でもちょっと違うなと思っていても、断られると悲しい気持ちになる。でも、婚活ってそんなもんです。

3.4.3 活動実績 開業美容外科医さん

case3
相手:36歳 開業美容外科医 国公立医学部卒
場所:−



またまた美容外科医からのお申込み。

若いにもかかわらず、開業されているとのこと。
卒後5年以下で開業しているようだが、こんなに早く独立できるものなのだろうか。
私自身、専門分野が違うため、美容医学の常識がよくわからない。


結婚相談所から相手の連絡先を教えてもらったあとは各自でアポを取る流れ。お会いする日にちを決めることになった。


開業美容外科医さん「お茶でもいかがでしょうか?」


私「平日は仕事が終わる時間がわからないので、できれば土日が希望です」


開業美容外科医さん「この日曜日はいかがでしょうか?場所も考えておきます。日にちが近くなったらご連絡します。」



スムーズにお会いする日が決まった。


お見合いまで日にちがあったため、仕事の行き帰りの電車の中で、開業美容外科医さんのことを調べた。

開業美容外科医さんのクリニックの2チャンネルを発見。
結構、叩かれているようにも思ったが、美容外科ってそんなものかなと、違和感を感じつつ、そっと閉じた。


私は、時間があればお見合い前に調べ学習をするようにしていた。

この時は、ネット以外にも、東大理Ⅲ〜天才からのメッセージ〜という本もチェックした。

東大理? 合格の秘訣33

東大理? 合格の秘訣33

この本は、毎年出版されていて、東大理三に合格した数十名にインタビューしてまとめたものである。


東大理Ⅲは年に100名程度しか合格しないことを考えると、まあまあな確率でお見合い相手の記事を見つけることができる。


高校時代の将来の夢から恋愛事情まで書かれていて興味深い。



お見合い数日前。


開業美容外科医さん「すみません、今度の日曜日、仕事が入りました。平日のこの日いかがでしょうか?場所なども分かり次第ご連絡します。」


私「わかりました」


平日になってしまった。リードしてくれているようにも思うが、すべて自分の都合の良い方に持っていかれている感じもする。


お見合い前日。


開業美容外科医さん「明日は仕事が終わる時間が読めないのですが、早くて21:30になると思います」


お見合いをこんな時間に設定するって、常識から外れているように思った。


私「遅い時間ですね、次の日、仕事があるので、22:00頃までになりますがよろしいでしょうか?」


開業美容外科医さん「わかりました。もし仕事が終わらなかったら、別の日にさせてください。」


私「わかりました、もし別の日にする場合は、結婚相談所のラウンジでお会いできたらと思います」


私は、なんか怪しいと思ったので、ラウンジが開いている時間に設定してもらうようにお願いした。



これ以降、なんの返事も送られてこなかった。

きっと、めんどくさくなったのだろう。もしくは、私のことをネットで調べて、NGがついたのかもしれない。


私は、結婚相談所に成立料の約5000円を払っていたので、少し納得できなかったが、夜遅くにお見合いを設定してくるような人と今後うまくやっていけるように思えなかったので、これ以上メールを送らなかった。


数ヶ月後、もうひとつの結婚相談所のファイル祭り(年に2回開催される、紹介ファイルを見てお見合いを申し込むイベント)で、開業美容外科医さんを見つけた。


やっぱり、みんないろんな場所で活動しているんだなとしみじみ思った。

3.4.2 活動実績 美容外科医さん

次々とご紹介していきます。


case2
相手:33歳 美容外科医 私大医学部卒
お見合い場所:ザ・ダイニング ルーム @ストリングスホテル東京インターコンチネンタル



次のお相手は、関西にお住まいの美容外科医さん。

大手の美容外科にお勤めで、二重術がお得意とのこと。



私は、結婚しても仕事を続けたくて、関東から関西に引っ越すつもりがなかったため、一度はお見合いをお断りしたが、カウンセラーのおばさまから、どうしても会ってほしいと懇願され、お会いすることになった。



お見合い当日は、雪が降っていた。

美容外科医さん「遅くなってしまいすみません、大雪で新幹線が遅れてしまい、どうにもこうにも動けませんでした」

私「ご足労をおかけしてしまいすみません。本日はよろしくお願いします。」


そう言って、お店のテーブルへ移動した。



まずはお仕事の話から。

今は、美容と経営の勉強をしていて、将来は開業も考えているとのこと。

将来、経営者になるため、常に自分にコミットすることを目標にしていて、今は、しっかりとした身体づくりにも朝晩の時間を使っているらしい。ランチのメニューもサラダコースをお選びなっていた。



私「結婚相手にはどのようなことを求めるんですか?」

美容外科医さん「しっかりとした教育を受けて来た方がよいですね。」

私「そうなのですね、私くらいでも大丈夫なのでしょうか?」

美容外科医さん「もちろんです、僕は優秀な医師に囲まれて生きてきて、もっと勉強ができたらいいのにって常に思ってました。だから、子どもには少しでも良い遺伝子を残したいです。」


優秀な女性の皆さん、こういう方に需要がありそうです。


私「美容外科医さんは、子どもがほしいのですね」

美容外科医さん「はい、僕は常に成長して社会に貢献したいと思ってて、自分でも努力しているのですが、大人の成長って傾きがなだらかじゃないですか。それに比べて、子供の成長って傾きがすごいから、自分の遺伝子を持つ子どもが成長するって、すごく社会に貢献しているって思うんです」


ほほー、すごい理論。

とにかく熱意のあるお方だった。もしかしたら経営者に向いているのかもしれない。


そうそう、言っておかないとと思って、私は仕事を続けたいので、関西への移住は難しいとの旨を伝えたところ、関東で開業するつもりはないご様子で、別居婚の話で盛り上がった。



1時間半ほどお話して、切り上げることに。

美容外科医さんは、スマートにお会計をしてくれた。

二度見してしまったのだが、お財布から出てきたクレジットカードには、Docter Cardと印字されていた。こんなカード初めてみた。この人、お会計の時に自分は医師です!って言って回っているんだ。

いろんな意味でびっくりした。